世界がミレニアムに沸いた2000年春、新たな歴史の幕開けとともに、この『クリスタルチャペルフォレスト』は建設されました。

このセレモニーホールを創りあげた、名立たるアーティストの1人が日比野克彦氏です。この世界的デザイナー日比野克彦氏が、2022年4月1日から東京藝術大学の学長に就任しました。フォレストリゾート山の手ホテルでは就任を記念し、 結婚式の挙式料を半額にする『挙式料半額キャンペーン』を開催します。キャンペーンは、 令和4年4月1日以降に契約された方のうち、令和4年12月31日まで挙式されるお客様が対象です。皆様、是非お問い合せ下さい。

写真は日比野克彦氏がデザインしたチャペルのステンドグラスです。

日比野克彦氏 紹介

1958年岐阜市生まれ。

1984年東京藝術大学大学院修士課程修了。

1982年日本グラフィック展大賞受賞。

2002年サッカーワールドカップ公式ポスターのデザインを担当。

平成27年度芸術選奨文部科学大臣賞(芸術振興部門)。地域性を生かしたアート活動を展開。

現在、東京藝術大学美術学部長、先端芸術表現科教授。岐阜県美術館長、日本サッカー協会社会貢献委員会委員長、東京都芸術文化評議会 専門委員、公益財団法人 日本交通文化協会理事を務める。

チャペル建築中の、
日比野克彦氏と
秋田美術短大(当時)の皆さん
の写真です。

日比野克彦氏デザインしたチャペルの一部です。